不倫サイト

不倫が叶うサイト紹介【jdil.org】

パートナーにバレないように不倫するには

不倫大好き!本気で不倫したい!という皆さん、こんにちは。当サイトは、不倫に関する情報をお届けしているサイトです。

不倫は世間的に認められていない行為ですから、それがバレて離婚訴訟、損害賠償請求訴訟を起こされた日には、多額の慰謝料を支払わなければならなくなります。

まぁ、世の中には不倫した人が裁判を起こすというアグレッシブな人もいますが…。

なんにせよ、不倫が絶対にばれない方法はありません!遅かれ早かれ、その行為が明るみに出る可能性は皆無とは言えません。

しかし、不倫が止められない、不倫をしたいという人が後を絶たないという事実があるのは、それなりのメリットがあるからです。

リスクを冒してまで不倫がしたいという人のために、今回はそのリスク軽減の方法を考えていきたいと思います。

●メール
キャバクラに行った時にもらった名刺とかをうっかり見られて怒られる…、というのは日常茶飯事?ではないでしょうか。

これと同じように、携帯やパソコンのメールで不倫相手とやり取りする時に、そこから足が着くことが非常に多いです

送着信履歴をコマメに消去しなければなりませんが、その道に通じている人の手にかかれば、せっかく削除した履歴が復活してしまうので要注意。

パソコンも同様で、パスワードを掛けていても中身を見ることができてしまうので、いかにセキュリティが脆いかが分かりますね。

よく、無断でメールを見られたなどでプライバシーの侵害という人もいますが、そもそもそれは保護するに値しないというか、仮に保護に値したとしても、不倫しているため、そこまで強く出ることはできないと思います。

もちろん、パスワードを勝手に使ったり、手紙を勝手に開けたりとか言うのでもない限り、違法云々を唱えるのは難しいです。

ですから、携帯電話やパソコンのメール管理には十分に気を付ける事です。

やはり、こまめに消去する事。または登録している不倫相手の名前を男性に変えて、あたかも友達から来たメールとしてカモフラージュする事もおすすめ方法です。

●カード・通帳
不倫がバレる原因第2位と言っても過言ではないぐらい、もはや有名(?)になった、お決まりのパターン。

支払明細や通帳を見て、本来のパートナーから「アレ?」と思われて、即アウト。泥沼な展開が目に浮かびます。

カードを使うのはいいですが、明細やら何やらが自宅に届けば、そこで試合終了。

離婚届に印を押すだけで全て丸く収まるならまだしも、裁判を起こされてはかないません。

せめて明細書は会社宛にしておき、確認した後もシュレッダーにかけて、自宅ではない外のゴミ箱へ捨てる事をおすすめします。

これで証拠隠滅は完了です。限りなくリスクを低くするには、それだけの事は必要になってきます。

また、通帳から怪しまれる可能性があるのであれば、予め結構な出費が予想されるようであれば、その日に備えて少しずつ引き出しましょう。

用途不明でしかも多額のお金ともなれば、何かを疑われても言い訳できませんからね。

●サイトを使う時はパソコンはやめたほうがイイ

また、サイトを利用する際は必ず携帯電話やスマートフォンを使いましょう。

パソコンを持っている人はついそちらを使いたがろうとしますが、パソコンは危険がいっぱい!!パソコンは履歴が残りますから、特に一家で共有している場合は要注意!

履歴を遡られてしまったら、そのサイトの存在だけでなく、不倫をしていることが発覚してしまう恐れがあります。

それに比べて携帯電話であれば、自分が100%管理する事が出来るので、バレにくいといったメリットがあります。

●無料サイト?それとも有料サイト?

サイトを利用しての不倫は無料サイトを使いましょう。

有料サイトだとカードの引き落しや明細書で発覚してしまう可能性があります。

バレてしまわないためにも、無料サイトを使うのが賢い方法です。

普段からこうした細かいことに気を配る必要があります。

■女性も不倫をする!?社会的地位の高い人ほど心が揺れやすい

社会的地位が高い人ほど浮気や不倫をするという研究結果があります。

その記事によると…

「性別に関係なく社会的地位が高い人ほど浮気や不倫をする傾向がある」

「これまで浮気をするのは一般的に男性のほうが多いと考えられてきましたが、これはただ単に社会的地位を獲得した女性の数が男性と比べると、圧倒的に少なかったからというだけのことなのです」

つまり、男性だけが不倫や浮気をするものだと思っていましたが、女性も男性と同じくらい不倫や浮気がしたい願望があるのですね。

女性も男性と同じ立場で活躍できるようになった現代では、女性の不倫というのも確かに増えてきています。

援助交際ならぬ、女性が男性を買う「逆」援助交際というのも徐々に多くなっていると聞きます。

男性は地位が高くない人も不倫をしますが、女性は地位が高い人の場合のみ不倫をするという結果については、男性がより多くの女性を求めるというのは、やはり子孫を残すという、動物的遺伝子がそうさせているように感じます。だから、セックスと愛は別のものと割りきって考えていて、愛がなくてもセックスはできる。

女性がパートナー以外の男性を求めるというのは、愛までもが他の男に移っているように思っていました。

しかし、先程の研究結果で地位の高い女性たちの浮気をする心理というのは、男性の考え方が少し強いように感じます。

だから男性同様、地位や権力、つまりハーレムを築きたいのかもしれません。

セックスだけの相手、不倫相手を探しているのなら一度、人気の出会い系サイトなどを見てみてはいかがでしょうか。

■不倫と恋愛の違い

不倫も恋愛関係もどちらも「愛情」が無ければその関係は持続しません。

不倫と恋愛の大きな違いは、言うまでもなく、どちらか一方、または男女共に結婚しているかどうかという事。結婚を決めたパートナーがいるのに、その人以外の相手を求めると、それは不倫になります。

日本の民法上、日本人は一人の異性を決めて、配偶者として結婚し、生活を共にする権利と義務があります。

法律とは人が決めたものでありますが、人間も動物です。一人の異性「だけ」と決めるのは本能とは違う事です。

子孫の繁栄という生物最大の「生の理由」のために、多くの異性を求めるのは、より多くの子孫を残すという意味でとても合理的であり、仕方のない脳の造りなのです。

恋愛が本気で相手を求めるものであれば、不倫も本気で相手を求める事と同じような気がします。

法律上、一緒になれるかどうか。それが大きな違いと言えそうです。

■不倫するキッカケ

自分の事を一番理解し、共に助け合いながら子供を作り、家庭を作る。

そんなパートナーが居ながら不倫するキッカケというのは、人それぞれ理由があると思いますが、一番はパートナーが自分に対して「無関心」という事が挙げられます。

「仕事帰りにケーキを買ってきても、ありがとうも言わない」、「髪を切ったのに気付いてもらえない」などが挙げられます。

情熱的な恋愛を経て、結婚して、子供が生まれる。子供が誕生すると、相手を男性、女性として見る事が難しくなり、「お父さん」、「お母さん」という見方しか出来ない場合が多いです。

いつまでも若々しくいるため、自分の欲求を満たすため、不倫をする必要がある人もいるでしょう。

溜まりに溜まった不満で毎日を過ごし、ストレスで体を壊す前に、不倫という方法で解消できるのであれば、やり方は簡単なので是非やって自分の身を守って欲しいと思います。

新着情報

◆2014/01/16
パートナーにバレないように不倫するにはの情報を更新しました。
◆2014/01/08
バレた時のリスクを新規投稿しました。
◆2014/01/08
男性が不倫する理由を新規投稿しました。
◆2014/01/08
不倫のメリットとはの情報を更新しました。
◆2013/12/19
お問い合わせを新規投稿しました。